1. トップページ
  2. 新刊本
  3. 山形あるある

山形あるある
阿部広重/著 高山尚樹/画

山形あるある
オンラインストアで「山形あるある」を購入する Amazonで「山形あるある」を購入する

山形の魅力を詰め込んだ「あるある」220ネタを大放出!
山形では、芋煮会の味つけをめぐって庄内と内陸で抗争勃発!?

テンションが高くなるほど「んだ」が多くなる山形県民必見!
『おしん』のような真面目さだけが取り柄じゃない!玉こんにゃくもウサギのもっちい駅長もマヨタコも花笠締めも大鍋宣隊イモニレンジャーもおしどりミルクケーキも100円商店街も山形県産!
読めばますます郷土愛が深くなる! 怒涛のご当地ネタ満載!県民性、グルメ、方言、交通、雑学と山形尽くしの一冊!

体裁:単行本・ソフトカバー
定価:1,000円+税
発行元:TOブックス
発売中!
ISBN:978-486472-328-2

作品詳細 Detail

【収録あるある(一部)】

・東北屈指の観光資源!蔵王は宮城ではなく山形のものだと信じている
・学校給食にイナゴ……これって山形だけのオリジナル郷土食!?
・寡黙な県民のテンションを知りたいなら「んだ」の連呼数に注意すべし
・山形と仙台を結ぶ仙山線。便利な路線だがすぐ止まるのが難点
・県民の忘れられぬ記憶……あの暑かった夏の日と、日本最高気温記録40.8℃

著者紹介 Author

阿部広重(あべ・ひろしげ)

山形市出身。高校卒業後に上京。都内の大学を卒業し、某出版社に勤務。その後、フリーライターとして活動し、おもにエンタメ系の月刊誌に寄稿。二児の父として、家事・育児も精力的にこなしている。

高山尚樹(たかやま・ひさき)

漫画家。1969年、大阪府富田林市生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業。現在は埼玉県所沢市在住。6年半のサラリーマン生活を経て一念発起し、2005年、平和出版『ごっつ裏!』で漫画家デビュー。竹書房、ぶんか社、ミリオン出版等で主に裏ネタ系漫画を執筆。現在に至る。

TOブックス新刊一覧 New Title