香月美夜×白浜鴎 スペシャル対談
香月美夜×白浜鴎 スペシャル対談

【第1回】【第2回】|【第3回】|【第4回】


【第3回】それぞれの創作過程

白浜 基本的には一人で考えているんですが、友達とチャットしたり編集者さんとお話しながら、自分のアイデアを聞いてもらったりします。

香月 私は旦那がいるので(笑)、アイデアについても意見を聞きますし、完成した原稿も読んでもらいます。

白浜 いいなぁ。うちの犬は読んでくれないので(笑)。

香月 (笑)。

白浜 ずっと旦那様に読んで頂いているんですか? WEB連載の頃も?

香月 もう大学の頃からかなぁ。

白浜 いいですねぇ。一番最初の読者さんだ。

香月 『とんがり』の最新刊(第6巻)を拝読すると、ストーリーもだんだん深まってきましたね。

白浜 まだ全然序章なんです。

香月 だと思った。深いですもん。すごく面白かったです。

白浜 ありがとうございます! 多くの読者さんに支えて頂いていることもあって、少し長期的な展望で描けそうです。本当にありがたいです。

香月 見えている世界だけだって、まだまだ描けることがありますものね。

白浜 小説の方が作品に入れられる情報量が多いので、『本好き』を読んでいて羨ましかったです。

香月 でも、私は絵を描けるのが本当に羨ましい!

白浜 いや、文章を書けるのが羨ましい。

香月 (笑)。確かに文章は情報を圧縮して伝えることができますけど、やっぱり絵は目で見て一瞬でわかるじゃないですか。『とんがり』の魔法の道具とかデザインとかすごいと思う。これを自分で描けるのは強いなぁって。

白浜 もともとデザイン科出身なので、「実現し得ないプロダクトデザイン」を念頭に、こういうのがあったらいいなぁって描いているんです。なので、使うことが前提になっているデザインなんです。

香月 コミカライズやアニメで質問が届いた時に、自分で描けたらどんなに楽だったか。頭の中にイメージがあっても絵にできない。仕方なく、写真を探したりしながら、何とか近いイメージを伝えようとはしたんですが、実際の設定画を見ると、少しズレがあったりで……。

白浜 アニメの設定もチェックされていたんですね。だからこそ、クオリティが高かったです。監修が大変そうですね。

香月 本当に大変でした。脚本、設定、コンテが次々届く上に、原作やコミカライズ作業が全て同時進行だったので。

白浜 リアルにローゼマインみたいに仕事が積まれていく。

香月 のおおおぉぉぉ!ってなりながら作業を続けましたね(苦笑)。

白浜 アニメ第二部も楽しみにしています。


【第1回】【第2回】|【第3回】|【第4回】


戻る